医療用モニタリングデバイス・メーカー「睿心智能医療」:シリーズAで数億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

医療用モニタリングデバイス・メーカー「睿心智能医療」:シリーズAで数億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

リアルタイムでモニタリングできるデバイスを開発製造している「睿心智能医療(Ruixin Intelligent Medical Technology)」が、シリーズAで数千万元(数億円)を調達した。出資者は「経緯中国(Matrix Partners China)」。資金は研究開発とマーケティングに充てられる。睿心智能医療は2017年2月に設立され、深圳市に本社を置く。同社の製品は、脳心血管疾患の検査などで広く活用されている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録