中国BYD、英シェルと提携 深圳で充電ターミナル1万カ所以上を運営

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

中国BYD、英シェルと提携 深圳で充電ターミナル1万カ所以上を運営

続きを読む

英石油大手シェルと中国電気自動車(EV)大手の「比亜迪(BYD)」は3月23日、グローバル戦略提携協定を締結した。両社は中国と欧州での協業を先行させ、徐々に全世界へと事業を拡大する予定だという。

シェルとBYDは合弁会社を設立し、中国でEV向け充電ネットワークを展開する予定。まず広東省深圳市で1万カ所以上の充電拠点(充電スタンドと充電ステーションを含む)を運営し、将来的には中国のその他の都市でも充電ネットワークを展開する計画だという。

また、両社は協定に基づき、欧州でビリティサービスプロバイダー(MSP)に関するパートナーシップを結ぶ。シェルはBYDの個人および法人顧客に対し、充電サービスと関連ソリューションを提供する方針。

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録