日本でも販売される中国発ARグラス「Nreal」、6000万ドルを調達 アリババが出資主導

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

日本でも販売される中国発ARグラス「Nreal」、6000万ドルを調達 アリババが出資主導

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

拡張現実(AR)技術を開発する「Nreal(エンリアル)」が3月30日、シリーズC+で6000万ドル(約72億円)を調達した。アリババ集団が出資を主導した。これにより、同社がこの1年で調達した資金は2億ドル(約240億円)に達した。これまでの主な出資者は、快手(Kuaishou)や蔚来資本(NIO Capital)、雲鋒基金(YF Capital)、セコイア・キャピタル・チャイナ(紅杉資本中国基金)、高瓴創投(GL Ventures)など。

同社は2017年に広東省深圳市で設立され、コンシューマー向けAR製品の展開を急速に進め、日本や韓国、米国、欧州各国などで製品を販売している。21年11月には中国移動(チャイナ・モバイル)傘下の「咪咕文化科技(Migu Culture Technology)」と戦略的パートナーシップを締結し、5GとARを組み合わせたコンテンツエコシステムを共同で推進すると発表。翌12月には、提携先の電気自動車(EV)メーカー「蔚来汽車(NIO)」と共同開発したEV向けARグラスを公開した。22年2月には、KDDIとNTTドコモが、世界に先駆けて同社のARグラス「Nreal Air」を日本で発売すると発表している。

中国発ARグラス「Nreal Air」、ドコモとKDDIから発売 わずか79グラムのポケットサイズ

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録