米SEC、理想汽車など17社を上場廃止警告リストに追加

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

米SEC、理想汽車など17社を上場廃止警告リストに追加

続きを読む

米証券取引委員会(SEC)は現地時間4月21日、上場廃止警告リストに17社を追加した。3月以降、5回目の中国企業追加となった。

今回追加されたのは、知乎(Zhihu)、諾華家具(Nova Lifestyle)、LOVARRA、万春医薬(Beyond Spring)、瑞幸咖啡(luckin coffee)、 極光(Aurora Mobile)、Scientific Energy、中国食品(China foods)、Value Exchange International、Jrsis Health Care、Entrepreneur Universe Bright Group、中比能源(CBAK Energy Technology)、中網載線(ZW Data Action Technologies)、尚乗国際(AMTD IDEA Group
)、百世集団(Best Group)、理想汽車(Li Auto)および貝殻(KE Holdings)の17社。

SECが規定している異議申し立て期間は現地時間5月12日まで。

米SEC、中国版ツイッター「微博」を「上場廃止警告リスト」に追加 中国企業6社目

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録