アリババとアント、インドEC「Paytm Mall」への投資から撤退 

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

アリババとアント、インドEC「Paytm Mall」への投資から撤退 

alibaba
続きを読む

インドのモバイル決済大手「Paytm」 の電子商取(EC)プラットフォーム「Paytm Mall」がこのほど、戦略の重点を転換し、B2Bの輸出に焦点を当てたECのためのオープンプラットフォーム「Open Network Digital Commerce(ONDC)」の構築を目指すと発表した。この戦略転換に伴い、同社の株主構造にも変化が生じている。

中国のIT大手アリババ集団および傘下の金融会社アント・グループは、保有していたPaytm Malの全株式を売却した。ただし、Paytmの親会社「One 97 Communications」とPaytm Mallとの間には直接的にも間接的にも株式保有関係はないため、アリババとアントによるPaytmの株式保有状況に変化はない。

インド政府、更に43個の中国アプリを禁止 アリババ傘下サービスも複数

(36Kr Japan編集部)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録