日本企業向けマーケティングサポートの「游仁堂」:シリーズBで約13億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

日本企業向けマーケティングサポートの「游仁堂」:シリーズBで約13億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

「New Designed by Tokyo」傘下で、中国の日系リテール企業向けにマーケティングサポートを行う「游仁堂(New Yoren Limited, 略称Yo-ren)」が、シリーズBで1200万ドル(約13億円)を調達した。リード・インベスターは「ローソン」、コ・インベスターは住友商事グループの大手携帯電話販売代理店「ティーガイア(T-GAIA)」。游仁堂創業者の金田修氏は、「この2年間、より多くの日本ブランドを中国市場に送り出すため、OMO(Online Merge Offline)によるニューリテールのスタイルを打ち立て、オン/オフラインのショッピングサービスシステムを構築してきた」と述べた。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録