オフィス向けパソコンレンタルサービスの「小熊U租」:シリーズBで数十億円調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

オフィス向けパソコンレンタルサービスの「小熊U租」:シリーズBで数十億円調達

続きを読む

「深圳市凌雄租賃服務有限公司」傘下で、オフィス向けにIT機器のレンタルサービス等を行う「小熊U租(Little Bear Rental)」が、シリーズBで数億元(数十億円)を調達した。本シリーズは小熊U租がここ1年以内に行った4回目の資金調達である。リード・インベスターは政府系ファンドの「国家中小企業発展基金(National SME Development Fund)」、コ・インベスターは既存株主の「達晨創業投資有限公司(Fortune Venture Capital Co.Ltd.)」と「前海長城基金管理(深圳)有限公司(Qianhai Great Wall Fund Management (Shenzhen) Co., Ltd.)」。資金は引き続きスマートサービスシステムの構築及び実店舗の開設に充てられ、「2分で対応、2時間で故障解決」サービスの提供範囲拡大を図る。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手