AR/VRスマートグラス開発企業「耐徳佳」:シリーズAで約15億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

AR/VRスマートグラス開発企業「耐徳佳」:シリーズAで約15億円を調達

続きを読む

AR(拡張現実)及びVR(仮想現実)スマートグラス用光学モジュールの設計、開発、製造、技術サポートを行う「北京耐徳佳顕示技術有限公司(Beijing Ned Ltd.)」が、シリーズAで約1億元(約15億円)を調達した。リード・インベスターは「泰豪集団有限公司(Tellhow Group Co., Ltd.)」、コ・インベスターは「上海愛建資本管理有限公司(Shanghai AJ Capital Management Co., Ltd.)」で、「レノボ・キャピタル&インキュベーターグループ(聯想創投集団)」も引き続き出資を行う。資金はAR光学製品の生産能力向上、ARヘッドマウントディスプレイの改良に充てられる。耐徳佳は2015年設立。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手