「社区」向け共同購入の「同程生活」:シリーズA2で数十億円調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

「社区」向け共同購入の「同程生活」:シリーズA2で数十億円調達

続きを読む

「社区」(中国独自の地域コミュニティ、行政単位)向けの共同購入サービス「同程生活(Tongcheng Life)」を運営する「蘇州鮮橙科技有限公司(Suzhou Fresh Orange Technology Co., Ltd.)」が、シリーズA2で数千万ドル(数十億円)を調達した。リード・インベスターは「深圳微光啓明投資管理有限公司(Welight Capital)」、コ・インベスターは「ベルテルスマンアジア投資基金(BAI)」、「蘇州元禾控股股份有限公司(Suzhou Oriza Yuanhe Holdings Co., Ltd.)」。同程生活創業者の何鵬宇氏は、元「同程旅游(Tongcheng Travel)」高級副総裁で、共同創業者の尹祥氏は小売チェーン「千鮮匯」の創設者である。同社は2018年下半期に事業を開始し、一般家庭向けに生鮮食料品や家庭用品などを提供している。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手