サプライチェーン情報管理サービスの「壱站」:シリーズPre-Aで資金調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

サプライチェーン情報管理サービスの「壱站」:シリーズPre-Aで資金調達

続きを読む

サプライチェーン管理情報プラットフォームサービスを提供する「壱站(上海)供応鏈管理有限公司(One Infitech)」が、2019年2月にシリーズPre-Aで資金を調達した。リード・インベスターは「招商局創新投資管理有限責任公司(China Merchants Capital Co., Ltd.)」、コ・インベスターは「創新工場(北京)企業管理股份有限公司(Sinovation Ventures、(Beijing)Enterprise Management Limited.)」と「明勢資本(FutureCap)」。壱站は2018年5月にエンジェルラウンドで「鐘鼎(上海)創業投資管理有限公司(Eastern Bell Capital)」とシンガポールの物流会社「グローバル・ロジスティック・プロパティーズ(普洛斯)」から資金を調達しており、調達額は総額で1億元(約15億円)を上回る。資金はマーケティングとチームの拡充、データプラットフォームの持続的な研究開発に充てられる。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手