ソーシャルアプリの「積目」:シリーズBで数億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

ソーシャルアプリの「積目」:シリーズBで数億円を調達

続きを読む

若者向けソーシャルアプリ「積目(jimu)」を運営する「北京藍苺時節科技有限公司(BeiJing Blueberry Technology Co.,Ltd.)」が、シリーズBで数千万元(数億円)を調達した。出資者は「セコイア・キャピタル・チャイナ(紅杉資本中国)」。資金は主にサービスの向上と収益化の模索に充てられる。積目は「流行」と「クール」を機軸とし、芸術やトレンド、音楽に関心がある若者を対象としたソーシャルアプリ。現在、同アプリのメインユーザーは一~二級の大規模都市に集中しており、1995年以降に生まれた若者が9割を占める。DAU(1日当たりの利用者)は約80万人。

関連キーワード

    メールアドレスを登録して中国最新情報入手