ホームメディカルケアの「健海科技」:シリーズA+で約15億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

ホームメディカルケアの「健海科技」:シリーズA+で約15億円を調達

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

続きを読む

病院と患者とのコミュニケーションツール「済世大脳」を運営する「健海科技(Jianhai Technology)」が、シリーズA+で約1億元(約15億円)を調達した。リード・インベスターは「Sherpa Capital」、コ・インベスターは「科大訊飛(IFLYTEK.)」、「海邦投資(Haibang Investment Management)」、「礼瀚投資(G-Infinite)」。財務アドバイザーは「探針資本(Probe Venture Capital)」が務めた。資金は済世大脳のデータベースと技術のグレードアップに充てられ、今後、科大訊飛と技術面および生産面で提携する。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

    メールアドレスを登録して中国最新情報入手