米越境ECアプリ「Wish」:シリーズHで資金を調達、評価額は112億ドルに

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

米越境ECアプリ「Wish」:シリーズHで資金を調達、評価額は112億ドルに

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

続きを読む

越境ECアプリ「Wish」がシリーズHで資金調達し、評価額が112億ドル(約1兆1800億円)となった。リード・インベスターは「General Atlantic」。この資金調達の後、General Atlantic社 Managing Director のTanzeen Syed氏がWishの取締役会に加わる。なおWishは2017年に「光際資本(Everbright-IDG Industrial Fund)」、「Founders Fund」、「GGVキャピタル(紀源資本)」、「GST Global」、「テマセク・ホールディングス(淡馬錫控股)」などからシリーズGで資金を調達している。当時の評価額は87億ドル(約9200億円)であった。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

    メールアドレスを登録して中国最新情報入手