児童向けオンライン英語教室の「久趣英語」:シリーズC1で数十億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

児童向けオンライン英語教室の「久趣英語」:シリーズC1で数十億円を調達

メールマガジンに登録

続きを読む

北米ネイティブ講師による4歳〜12歳児童向けオンライン英語教室「久趣英語(Qkids)」を運営する「千時科技」が、シリーズC1で数億元(数十億円)を調達した。リード・インベスターは「バイドゥ(百度)」、コ・インベスターは「深圳市創新投資集団(Shenzhen Capital Group)」と「前海母基金(Qianhai Fund of Funds)」。財務アドバイザーは「穆棉資本(MM Capital)」が務めた。資金は人材の確保、製品の研究開発、授業内容やサービスの品質向上、新たなチャネルの構築などに充てられる。久趣英語は2015年に1対4のグループレッスンからスタートし、2018年よりマンツーマンレッスンの提供もし開始した。

メールマガジンに登録

関連キーワード

    メールマガジンに登録