自動車部品サプライチェーンの「車通雲」:シリーズC+で数十億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

自動車部品サプライチェーンの「車通雲」:シリーズC+で数十億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

自動車部品のサプライ・プラットフォーム「車通雲(AutocloudPro)」を運営する「鼎奥網絡科技」が、シリーズC+で数千万ドル(数十億円)を調達した。リード・インベスターは「東方弘泰資本(Orient Hontai Capital)」、コ・インベスターは話題の「瑞幸咖啡(luckin coffee)」に出資したことで注目を集めた「大鉦資本(Centurium Capital)」。財務アドバイザーは「華峰資本(China Peakedness)」が務めた。車通雲創業者の郝鼎文氏によれば、資金はデータ能力の向上、スマート損傷評価システムの改良、サービス対象エリアの拡張、物流企業との連携などに充てられるとのこと。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録