中国有力EVメーカー「バイトン」:シリーズCで約530億円を調達へ

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

中国有力EVメーカー「バイトン」:シリーズCで約530億円を調達へ

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

新興電気自動車(EV)メーカーの「バイトン(BYTON)」が、2019年末に開始する予定だった新型車の量産を2020年に延期すると発表した。バイトンの戴雷CEOによれば、シリーズCで5億ドル(約530億円)を調達する予定で、出資者は大手自動車メーカー「「第一汽車集団(FAW Group)」のほか、江蘇省と南京市の政府系産業投資基金。既に契約はまとまっており、手続き段階にあるとのこと。バイトンは「フランクフルトモーターショー2019」で同社初の量産SUV「M-Byte」を公開した。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録