機関投資家の意思決定を支援する金融データサービスの「百観科技」:数億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

機関投資家の意思決定を支援する金融データサービスの「百観科技」:数億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

オルタナティブデータ(投資判断材料となるデータのうち、決算開示など一般的な公開情報以外のデータ群)など金融データサービスを提供する「百観科技(BigOne Lab)」が、数百万ドル(数億円)を調達した。出資者は「S&P Global(標普全球)」と既存株主の「華創資本(China Growth Capital)」。資金は新製品の研究開発、データソースの開拓、マーケティング、チームの拡充などに充てられる。百観科技は2016年設立された。
デロイト・トウシュ・トーマツ(Deloitte Touche Tohmatsu)はによれば、世界オルタナティブデータの市場は、2020年には70億ドル(約7550億円)を上回ると予測している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録