甘粛省:中国初の電子処方箋情報共有プラットホームを設立

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

甘粛省:中国初の電子処方箋情報共有プラットホームを設立

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

甘粛省衛生健康委員会は、「百洋智能科技(Baheal Intelligent Technology)」傘下の「易復診」と共同で、中国初となる省レベルの「電子処方信息共享平台(電子処方箋情報共有プラットホーム)」を設立した。省内全域および蘭州新区と甘粛鉱区の医療機関をカバーし、居住者のヘルスデータ、電子健康カード情報が、医療保険決済プラットフォームや慢性疾患管理システムなどと連係される。今後、患者の要望に応じて医師が処方箋を出すと、薬剤師のチェックを経て、プラットホームに登録された薬局にデータが転送され、薬の受取番号が24時間以内に患者のもとに届き、薬を購入する事が出来るようになるなど、患者の不便が解消されるようになる。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録