AIビッグデータサービスの「ADVANCE.AI」:シリーズCで約86億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

AIビッグデータサービスの「ADVANCE.AI」:シリーズCで約86億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

ビッグデータを活用しAIによる認証サービスなどを提供する「ADVANCE.AI」が、シリーズCで8000万ドル(約86億円)を調達した。リード・インベスターは「高榕資本(Gaorong Capital)」とシンガポール政府系ファンド「テマセク・ホールディングス(Temasek Holdings)」傘下の「蘭亭資本(LanTing Capital)」、コ・インベスターは「金沙江創投(GSR Ventures)」「元璟資本(Vision Plus Capital)」「領秀資本(Lingxiu Capital)」「毅園資本(eGarden Ventures)」で、財務アドバイザーは「沖盈資本(Chongying Capital)」が務めた。ADVANCE.AI創始者の陳斕傑氏によれば、同社は資金調達後、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)、画像識別、詐欺対策、信用調査などのAIソリューションをアジア太平洋地域で展開していくとのこと。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録