3Dセンシングシステムの「馭光科技」:シリーズB+で約15億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

3Dセンシングシステムの「馭光科技」:シリーズB+で約15億円を調達

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

続きを読む

3Dセンシングシステムなどを研究開発する「北京馭光科技(Beijing Yuguang Science and Technology)」が、シリーズB+で約1億元(約15億円)を調達した。リード・インベスターは「招商局創投(China Merchants Venture)」、コ・インベスターは既存株主の「凱輝基金(Cathay Capital)」や「聯想創投(Lenovo Capital)」など。馭光科技創業者の田克漢CEOによれば、同社は資金調達後、スマートフォンの3Dセンシングシステムやディスプレイ内指紋センサー、さらにはAR(拡張現実) / VR(仮想現実)、ハイテク照明、新型ディスプレイ等の領域にもマイクロオプティックス技術を応用し、量産化を進めていくとのこと。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

    メールアドレスを登録して中国最新情報入手