商業衛星メーカー「MINO SPACE」:シリーズA+で数億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

商業衛星メーカー「MINO SPACE」:シリーズA+で数億円を調達

続きを読む

商業衛星などの研究開発を行う「微納星空(MINO SPACE)」が、シリーズA+で数千万元(数億円)を調達した。出資者は新規株主となる「深圳市創新投資集団(Shenzhen Capital Group)」と「科鑫投資(Kexin Investment)」のほか、既存株主の「涌鏵投資(Yonghua Capital)」、「中科創星(CAS Star)」、「創想未来(NXROBO
)」など。資金は業務の拡張およびイノベーションと研究開発の強化、製品の改良、人材獲得などに充てられる。微納星空は、これまでに4度ロケットを発射しており、2019年8月17日には甘粛省の酒泉衛星発射センターで「星時代-5」の打ち上げに成功した。また2019年末には3基の人工衛星を搭載したロケット「CZ-4B」を打ち上げる計画だ。

関連キーワード

    メールアドレスを登録して中国最新情報入手