BCIの「臻泰智能」:エンジェルラウンドで数千万円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

BCIの「臻泰智能」:エンジェルラウンドで数千万円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

BCI(ブレイン・コンピューター・インタフェース)を活用した、ALS(筋萎縮性側索硬化症)や脳卒中、脊髄損傷など神経機能障害患者向けリハビリ支援システムを研究開発する「臻泰智能(ZhenTec)」が、エンジェルラウンドで数百万元(数千万円)を調達した。出資者は「聯想創投(Lenovo Capital and Incubator Group)」。資金は、脳コントロールによるリハビリ支援ロボットの研究開発、開発チームの最適化、関連製品の実用化などに充てられる。臻泰智能は2018年に西安で設立された。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録