無人販売ソリューションの「YI Tunnel」:「SandStar(視逹)」に社名変更、シリーズBで約15億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

無人販売ソリューションの「YI Tunnel」:「SandStar(視逹)」に社名変更、シリーズBで約15億円を調達

続きを読む

マシンビジョンによる無人販売ソリューションを小売店に提供している「YI Tunnel」が、「SandStar(視逹)」に社名を変更し、シリーズBで約1億元(約15億円)を調達した。リード・インベスターは「国鵬資本(Guopeng Capital)」、コ・インベスターは「墨白資本(Mobai Capital)」。同社は、2017年10月にエンジェルラウンドで「百度風投(Baidu Ventures)」と「峰尚資本(Fengshang Capital)」から、2017年末にプレシリーズAでリード・インベスター「昆仲資本(Kinzon Capital)」、コ・インベスター「百度風投(Baidu Ventures)」、「峰尚資本(Fengshang Capital)」から、それぞれ数千万元(数億円)を調達している。SandStarは従来型の小売店に対して、マシンビジョンを活用した無人レジ、無人店舗、スマート自販機などのソリューションを提供している。

関連キーワード

    メールアドレスを登録して中国最新情報入手