短信

バイドゥのAI技術プラットフォーム:開発者ユーザーは150万人、1日当たりのアクセス数は1兆回以上

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

浙江省桐郷市の烏鎮で開催されている「第6回世界インターネット大会(第六届世界互聯網大会)」の2日目、バイドゥの首席技術官(CTO)・王海峰氏がAIフォーラムおよび5Gフォーラムに出席した。王氏によると、ディープラーニングをコアとする新世代AI技術はすでに高い汎用性を備え、標準化、自動化、モジュール化というプロセスを経て、大規模生産の段階に入っているとのこと。また、AI技術のオンラインプラットフォーム「百度大脳(Baidu Brain)」についても、現在216項目のコアAI機能を公開しており、1日当たりのアクセス数は1兆回を突破し、プラットフォームを利用する開発者の数は150万人以上、企業ユーザーがリリースしたモデルは16万9000件を上回っていると紹介した。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録