アリババ:11月に香港上場か、最大1.6兆円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

アリババ:11月に香港上場か、最大1.6兆円を調達

続きを読む

アリババグループが早ければ11月に香港市場への上場計画を実施し、最大150億ドル(約1兆6千億円)規模の資金調達を目指すと、10月30日に関係筋が明らかにした。

アリババの企業規模の大きさ、投資家が上場申請計画についてすでに熟知していることを鑑みて、同社はロードショー(上場承認後、株式公開前に行う投資家向け説明会)を行わず、上場前に機関投資家との会見を行うものと見込まれる。

今回の上場が実現すれば、ニューヨーク証券取引所との重複上場になるという。

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手