短信

オシャレな喫煙所を運営する「YANKER」:シリーズAで約11億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

空気浄化システムを備え、洗練されたデザインの喫煙ブース「YANKER(煙客)」を運営する「中渡生態科技」が、シリーズAで1000万ドル(約11億円)を調達した。リード・インベスターは「涌容資産(Yong Rong Asset)」、コ・インベスターは既存株主の「心元資本(Cherubic Ventures)」。YANKERは2018年の設立以来、空港をメインに展開しており、現在までに設置された47箇所の喫煙ブースのうち40箇所は空港エリア内にある。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録