ベンチャーキャピタル「渶策資本」:初のファンド募集で約380億円調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

ベンチャーキャピタル「渶策資本」:初のファンド募集で約380億円調達

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

続きを読む

香港を拠点とするベンチャーキャピタル「渶策資本(INCE Capital)」が初のファンド募集を行い、3億5188万8000ドル(約380億円)を調達した。数多くの世界トップクラスの寄付基金、財団、ファミリーオフィス、マザーファンドが出資した。資金は、中国のインターネット、消費、インテリジェントテクノロジー分野で初期から拡大段階にあるスタートアップへの出資に充てられるとのこと。

渶策資本は元「啓明創投(Qiming Venture Partners)」パートナーの甘剣平(JP Gan)氏と胡斌(Steven Hu)氏により2019年7月に設立された。甘氏は業界で最も影響力のあるベンチャー投資家であり、大手オンライン旅行会社「携程網(シートリップ)」(米上場)、動画配信サイト「ビリビリ動画(bilibili)」(米上場)、生活関連口コミサイト大手「大衆点評(Dianping)」(香港上場)、自撮りアプリ大手「美図(Meitu)」(香港上場)、米音楽アプリ「Musical.ly」(「抖音(TikTok)」を運営するバイトダンスが買収)、香港のリチウムイオン電池メーカー「ATL(新能源科技)」などへの出資が知られている。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手