バイトダンス:音楽ストリーミング配信サービスを12月にリリースか

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

その他短信

バイトダンス:音楽ストリーミング配信サービスを12月にリリースか

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

人気ショート動画アプリ「TikTok」などを運営する「バイトダンス(字節跳動)」が、早ければ12月に独自の音楽ストリーミング配信サービスをリリースすると、英経済誌『ファイナンシャル・タイムズ』が報じた。バイトダンスはこの件に関して「ノーコメント」としている。今年4月中旬には、香港の英字紙『サウスチャイナ・モーニング・ポスト(South China Morning Post)』も、バイトダンスがこのサービスのために100人超のチームを組織したと報じていた。

関係者によると、バイトダンスは現在、全世界80%以上の音楽著作権を所有する「ユニバーサル・ミュージック」、「ソニー・ミュージック」、「ワーナー・ミュージック」の3社と著作権ライセンスに関する協議を進めているとのこと。バイトダンスが買収した米音楽アプリ「Musical.ly」は上記3社とライセンス契約を締結していたが、2019年4月で失効している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録