日産、世界市場での販売台数が激減 中国市場の成績は良いが衰退がとまらない

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

日産、世界市場での販売台数が激減 中国市場の成績は良いが衰退がとまらない

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

続きを読む

世界の自動車市場が低迷している中、日本車は比較的に好調だった。しかし、日本の三大自動車メーカーのうち日産自動車は、トヨタやホンダと比べあまり理想な成績を作り上げていない。

日産が公表した最新の販売データによると、10月の日産自動車の世界販売台数は、前年同期比9.2%減の約40万6000台だ。1月から10月までの累計販売台数は約430万台で、前年同期比7.8%の減少だった。そのうち、欧州市場の販売台数が最も減少し、1月から10月までの販売台数は前年同期比19.7%減の約47万4000台となった。販売成績は一番良いのが中国市場で、10月に約13万9000台を販売され、前年同期比2.1%減少にとどまった。1月から10月までの販売台数は、わずか前年同期比0.6%減の約123万台だった。

今年の販売不振から脱却するため、同社は経営陣の再編を進めており、12月1日より新しい経営チームを起用する予定だ。同時に、日産・ルノー・三菱アライアンスは提携を強化するために、次世代型電気自動車(EV)の共通プラットフォームを開発する合弁会社の設立に関して合意したとのこと。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手