「Google Glass」活用のメディカルサービス「Augmedix」:シリーズBで約20億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

「Google Glass」活用のメディカルサービス「Augmedix」:シリーズBで約20億円を調達

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

続きを読む

Googleが開発したメガネ型ARデバイス「Google Glass」を活用した医師向けサービスを提供する米スタートアップ「Augmedix」が、シリーズBで1900万ドル(約20億円)を調達した。出資者は「Redmile Group」、「McKesson Ventures」、「DCM Ventures」など。Augmedixは、Google Glassやスマートフォンなどのデバイスと、自然言語処理(NLP)技術を組み合わせ、医師と患者の臨床会話から症例報告書を作成し、電子カルテ記入を遠隔支援する。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手