アリババ傘下共同購入サイト「聚划算」、1500億円値引きキャンペーンで「拼多多」と真っ向勝負

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

アリババ傘下共同購入サイト「聚划算」、1500億円値引きキャンペーンで「拼多多」と真っ向勝負

続きを読む

12月11日、アリババ傘下の共同購入サイト「聚划算(juhuasuan)」が、「100億元(約1500億円)値引きキャンペーン(百億補貼)」の実施を発表した。アリババ傘下の大手ECタオバオ(淘宝)が行う「双12(12月12日に行われるショッピングイベント)」に合わせて開始されたが、聚划算は今後も「100億元値引きキャンペーン」を標準的なキャンペーンとして続けていくとしている。先日行われたソーシャルEC「拼多多(Pinduoduo)」の第3四半期決算報告会議では、黄峥CEOが、拼多多の「百億元値引きキャンペーン」は今後も当分続けて行く予定だと表明しており、聚划算と拼多多の競争はますます激しさを増すことになるだろう。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手