バイトダンス、TikTokの持ち株売却報道が「事実無根」と否定

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

バイトダンス、TikTokの持ち株売却報道が「事実無根」と否定

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

ブルームバーグの報道によると、大ヒットショート動画アプリ「TikTok」を手掛ける「バイトダンス(字節跳動)」は、TikTokの大半の持ち株売却を検討しており、過半数の株式を売却すれば調達資金は100億ドル(約1兆900億円)を上回る可能性があるという。これに対し、TikTokの広報担当者は「我々はTikTokの一部にしろ売却など検討してはおらず、この噂は全く事実無根だ」と答えている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録