AIOpsの「擎創科技」:シリーズBで数十億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

AIOpsの「擎創科技」:シリーズBで数十億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

2019年7月、AIOps(AIによるIT運用)サービスを企業に提供する「擎創科技(EOITEK)」が、シリーズBで数億元(数十億円)を調達した。リード・インベスターはシンガポールの政府系投資会社「テマセク・ホールディングス(Temasek Holdings)」傘下の「ST Telemedia」、コ・インベスターは既存株主の「火山石資本(Volcanics Venture)」、「元璟資本(Vision Plus Capital)」、「晨暉創投(Chenhui Venture Partners)」。財務アドバイザーは「多維海拓(InvesTarget)」が務めた。擎創科技はすでに自社の主要事業においてライトハウス・カスタマーを開拓しており、資金はマーケットのさらなる拡大に充てられる。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録