スマートEVメーカー「理想汽車」:米国でIPO申請、約545億円以上の調達を計画

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

スマートEVメーカー「理想汽車」:米国でIPO申請、約545億円以上の調達を計画

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

スマート電気自動車(EV)メーカーの「理想汽車(LEADING IDEAL)」が、米国でIPO(新規上場)を申請したと、2020年1月3日、ロイター通信が報じた。少なくとも5億ドル(約545億円)を調達する計画とのこと。今回のIPOでは証券引受人として、ゴールドマン・サックスと契約を交わしている。関係者によると、理想汽車は2019年12月に非公開でIPOを申請しており、IPOは2020年上半期に行われる見込みだとのこと。今回IPOが成功すれば、2018年にIPO後ニューヨーク証券取引所に上場した「蔚来汽車(NIO)」に次ぎ、2社目の中国EVスタートアップとなる。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録