ライドシェア大手「Grab」:インドネシア政府とEVエコシステムのロードマップを作成

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

ライドシェア大手「Grab」:インドネシア政府とEVエコシステムのロードマップを作成

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

続きを読む

東南アジアのライドシェア大手「Grab」が、インドネシア政府(海洋担当調整省)とパートナーシップを締結し、電気自動車(EV)エコシステムのロードマップを共同で作成する。Grabは韓国の「現代(ヒュンダイ)自動車」、本田技研工業、インドネシアの電動スクーターメーカー「Gesits」とも提携し、首都ジャカルタでEVとEスクーターの導入実験を計画している。同社公式サイトによると、現在、Grabアプリのダウンロード数は1億6600万を超え、ドライバー、業者、代理店など900万人の個人事業者と提携している。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手