インドのB2Bフードテック「HungerBox」:シリーズCで約13億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

インドのB2Bフードテック「HungerBox」:シリーズCで約13億円を調達

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

続きを読む

外国メディアの報道によると、企業向けに社員食堂サービスを提供するインドのフードテックスタートアップ「HungerBox」が、シリーズCで1200万ドル(約13億円)を調達した。リード・インベスターは「ペイティーエム(Paytm)」、「NPTK」、コ・インベスターは既存株主の「Saber Partners」、「Neoplux」。 HungerBoxの創業者であるMitraは、資金はインドの新たな10都市と東南アジア市場での業務拡張に充てられると述べた。 同社は、飲食スペースやサプライヤーをデジタル管理することにより、様々な顧客ニーズに対応している。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手