IoTデータを活用した故障予測の「Augury」:米「Qualcomm Ventures」より約8億8000万円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

その他

IoTデータを活用した故障予測の「Augury」:米「Qualcomm Ventures」より約8億8000万円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

IoTセンサーが収集した機械音や温度などのデータから機械の予知保全・故障予測を行う「Augury」が既存株主の米「Qualcomm Ventures」より800万ドル(約8億8000万円)を調達した。2019年2月には同社はシリーズCで2500万ドル(約27億円)を調達している。この時のリードインベスターは米プライベート・エクイティ会社インサイト・ベンチャー・パートナーズ。Auguryのワイヤレスハンドヘルドデバイス「Auguscope」は、超音波振動を記録してクラウドにアップロードし、エンジニアがAIアルゴリズムを入力することにより、機械の健康状態を予測することができる。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録