音声認識で世界トップクラスの「科大訊飛」:2019年は年間売上高1500億円を突破

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

音声認識で世界トップクラスの「科大訊飛」:2019年は年間売上高1500億円を突破

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

2月2日、AIを活用した音声認識分野最大手の「科大訊飛(iFLYTEK)」が、2019年の年間業績予想を発表した。通年の総営業利益は100億元(約1500億円)を超えると見込まれる。株主に帰属する純利益は前年同期比35~65%増加、収益性は引き続き上昇している。営業活動による純キャッシュフローは約15億元(約230億円)と過去最高額になる見通し。
科大訊飛は1999年に設立され、音声及び言語、自然言語理解、機械学習推論、自律学習などのコアテクノロジー研究に長年取り組んできた。同社は2008年に深圳証券取引所に上場した。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録