メグビー(曠視科技)、AI遠隔検温システムを地下鉄駅などで試験運用、認識誤差は0.3℃以下

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

メグビー(曠視科技)、AI遠隔検温システムを地下鉄駅などで試験運用、認識誤差は0.3℃以下

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

2020年2月4日、AIテクノロジー開発を手掛ける「メグビー(曠視科技)」が、AI検温システムをローンチし、北京市海淀区行政サービスホールや同区にある一部の地下鉄駅で試験運用が始まった。曠視科技によると、このシステムは「生体認識+顔認識+赤外線/可視光線ダブルセンサー」という、革新的なソリューションを採用しており、遠隔検温の精度を高めることと、密集した人の流れの中で利用できることに重点を置いて研究開発が進められてきたという。また同社によれば、従来の検温によるスクリーニングに比べると認識効率は高く、非接触の検温が可能で、認識誤差は0.3℃以内とのこと。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録