AI質疑応答システムの「一知智能」:シリーズA+で約6億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

AI質疑応答システムの「一知智能」:シリーズA+で約6億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

スマートカスタマーサービスを開発する「一知智能(Yiwise.AI)」が、シリーズA+で4000万元(約6億3000万円)の資金を調達した。出資者は「蕭山経済技術開発区産業発展引導基金」。資金は、事業開発とチームビルディングに充てられる。2017年8月に設立された一知智能は、自然言語処理(NLP)及びマンマシンインタラクティブ分野の企業向けにサービスを展開しており、音声認識、意味理解、音声合成、マルチラウンド対話、ナレッジマップなどマンマシン音声対話に関するフルスタックの自社研究能力を有している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録