22分で結果が分かる新型肺炎の検査キット、深圳の医療系企業が大学などと共同開発

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

22分で結果が分かる新型肺炎の検査キット、深圳の医療系企業が大学などと共同開発

続きを読む

臨床現場即時検査(POCT)試薬との化学発光免疫測定(CLIA)装置の開発を手掛ける「天深医療(TiSENC)が、新型コロナウイルスのIgM及びIgG抗体検出試薬キット(CLIA法)を開発したと発表した。この製品は天深医療と深圳市第三人民病院(国家感染性疾病臨床研究センター)、深圳大学により共同開発されたものである。
この製品の強みは、取扱い方法が容易で、サンプルをラボで検査する際の複雑な処理プロセスが省略でき、22分で検査結果が判明すると共に、医療スタッフの感染リスクも大いに軽減するという点である。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手