ゲーム実況動画配信サービス「闘魚」、クラウドゲームプラットフォームをローンチ

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

ゲーム実況動画配信サービス「闘魚」、クラウドゲームプラットフォームをローンチ

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

3月6日、ゲーム実況動画配信サービス「闘魚(DOUYU.COM)」を手がける「闘魚網絡科技」が、20種類近くのクライアントゲームと30種類以上のスマホゲームを、クラウドで展開していることを明らかにした。クラウドで展開されているのは、「DOTA2」、「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(PUBG)」、「魔獣世界(World of Warcraft)」、「StarCraft」、「王者栄耀(Honor of Kings)」、「Crazy Racing Kart Rider」、「消消楽」などの人気ゲーム。クラウドゲームに必要なグラフィックやメモリの要件は低く、闘魚が持つマルチアカウントシステムを利用すれば、プレイヤーはウェブサイトで1度ログインするだけで、ダウンロードすることなくプレイ可能だ。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録