YoutubeがTikTokを牽制か ショート動画機能「Shorts」を計画

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

YoutubeがTikTokを牽制か ショート動画機能「Shorts」を計画

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

Google傘下の動画共有サイトYoutubeが、2020年末にショート動画機能「Shorts」をローンチするという。中国発ショート動画アプリ「抖音(Douyin)」の海外版「TikTok」に対抗する意図がある模様。

Shortsでは、TikTokのように短い動画をアップロードし、「Youtube Music」内の許諾済音楽を使って編集できる。だがShortsは、Android版やiOS版Youtubeアプリの一機能として実装されるものであり、独立したアプリとはならないだろう。

海外メディアの「The information」は、この動向について、「シリコンバレーのテクノロジー企業が、TikTokの急成長を牽制するために行う、最も真剣な取り組みだ」とコメントしている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録