空飛ぶタクシー開発のスタートアップ「Lilium」、テンセントなどから約261億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

空飛ぶタクシー開発のスタートアップ「Lilium」、テンセントなどから約261億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

「空飛ぶタクシー」実現に向けてeVTOL(電動垂直離着陸機)の開発を手掛けるドイツのスタートアップ「Lilium」が3月23日、2億4000万ドル(約261億円)を調達したことを明らかにした。リード・インベスターはテンセント(騰訊)、コ・インベスターは既存株主の英「Atomico」、独「Freigeist Capital」、プライベートバンクの「LGT」。資金は主に製品の研究開発に充てられる。

Liliumは2015年に設立され、ミュンヘンに本社を置く。現在、時速100kmで飛行するeVTOLの2025年までの実用化に向けて準備を進めており、これは都市間・都市内の近距離通勤に活用されるという。

Liliumは設立以来調達した資金は3億4000万ドル(約370億円)を上回っており、エアモビリティ分野で最も資金調達力が高い企業の一つである。米テックメディア「TechCrunch」の報道によると、同社の資金調達後の評価額は7億5000万から10億ドル(約816億円〜1090億円)の間だろうとされている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録