2020年、日本のスマホ市場は大幅縮小の恐れ

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

2020年、日本のスマホ市場は大幅縮小の恐れ

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

市場調査研究機関「Canalys」が4月1日に日本のスマートフォン(スマホ)市場に関するレポートを発表し、スマホの出荷量が前年比マイナス10.9%と大きく減少した2019年に続き、2020年も急落する見方を示した。また、第5世代移動通信システム(5G)対応スマホの普及と、関連するインフラの整備にはある程度遅れが出るという。日本における2020年のスマホ出荷数は、最良のシナリオを描いたとしても前年比13%減の2510万台、状況がさらに悪化した場合には同28%減の2070万台になると予測している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録