捜狗 四半期純利益前年同期比80%アップ

36Kr Japan

中国最大のベンチャー・ITメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

ビジネス

捜狗 四半期純利益前年同期比80%アップ

搜狗Q4净利润同比增长80%,搜索和输入法的一套“新”故事能变成钱吗?

搜狗近期抛出了赴美上市后第一份财报:搜狗2017全年总营收9.084亿美元,同比增长38%。非美国通用会计准则下,净利润1.059亿美元,比2016年增长54%。2017年Q4总营收2.778亿美元,同比增长62%。非美国通用会计准则下,净利润3790万美元,同比增长80%。看上去是份不错的增长数据,不过1月29日财报发布当日,搜狗股价应声下跌了9.42%。只能说,搜狗讲给资本市场的AI故事,还需要更多时间和努力去获得认可。搜狗Q4净利润同比增长80%,搜索和输入法的一套“新”故事能变成钱吗?
搜狗和百度在搜索引擎领域已经厮杀多年,加上神马搜索和360搜索,整个领域多年来都是些老面孔在操盘。“我想每年从百度上拿两到三个点的(市场)份额,希望保持这个速度。”王小川说。

而搜狗的尴尬也在这点,即在搜索引擎领域一直位于百度之后。上市前王小川曾经提出用输入法推浏览器,用浏览器推搜索的“三级火箭”战略,彼时无论搜狐还是投资人都认为搜狗的核心产品是单一的搜索引擎。2017年底上市后,输入法被提到了台前,跟搜索并重,被王小川称为“双引擎”战略——把搜索升级成问答,把输入法升级为对话。

输入法是种“老”产品,因为基本属性是工具,虽然往往用户量巨大,但并未被视为很有想象空间的产品。而搜狗觉得,未来的输入法不仅是打字工具,还应该承载信息的获取甚至流量分发。比如跟朋友聊天时,输入法能智能提供回复模版,甚至在聊天中途通过上下文判断来推荐服务,帮应用做流量的牵线搭桥。

“输入法的升级是今年搜狗能够成为行业一线、有代表性公司的关键的事情。输入法本身构成一个比搜索(离用户)更近的入口,我们有3.3亿手机输入法的DAU(日活),而且还在快速上升,这个力量远远没有释放出来。”王小川说,接下来搜狗的重心之一会放在输入法跟服务的对接。

看上去和互联网巨头的路径相似,搜狗也开始做硬件了,不过背后的目的是搜索服务。几天前的搜狗合作伙伴大会上发布了两款硬件产品——“搜狗旅行翻译宝”与“搜狗速记翻译笔”两款硬件产品。

之所以做硬件,搜狗的目的不是为了卖硬件本身,也不似Google、微软,BAT这类大公司希望通过AI硬件输出自己的平台技术甚至云服务。搜狗的思路是通过硬件卖后端的“服务”。“我们最后有内容服务,搜索变成问答,比如医疗问题可以在手机、(智能)音箱这种设备上解决。”

根据搜狗提供的数据,目前使用搜狗搜索5%的用户问题可以直接获得答案,譬如通过搜狗搜索引擎输入“白日依山尽下一句”,搜索结果第一条会直接呈现“黄河入海流”,而非传统的给出一个超链接。

到今年年底,王小川搜索引擎能直接为10%的问题呈现答案。

直接呈现答案的直观价值就在于商业化。此前多年,搜狗给市场的印象是技术导向,不急于商业化。今年,王小川终于开始谈商业,特别是搜狗商业广告营销的变现。

“我们要把问答技术和医疗、法律等服务进行连接,为用户提供很好的问答结果,未来是有机会在这些答案里面产生商业价值的。”他说。

在分析师电话会议上,搜狗CTO杨洪涛表示,“人工智能可以帮助我们对网民的搜索意图有越来越高的理解能力,同时帮助我们的广告主生成更加符合用户搜索意图的广告,包括广告的描述、其中的物料和落地页等,这已经在帮助我们不断提升广告的CTR(点击率)。”

36氪同其他媒体一起采访了搜狗CEO王小川,关于搜狗上市后由三级火箭到双引擎的战略转型,以及2018年这家公司可能面临的竞争格局和策略,有以下值得关注的内容,经36氪编辑略有删节:

问:你怎么评价搜狗去年的成绩?今年公司最关键的战略任务是什么?

王小川:过去一年应该是有一个八十分的样子,我们四个月完成了IPO,非常快,同时,我们在搜索上,在医疗方面,在问答方面,翻译方面,都利用AI取得很多的进展。所以我认为去年的工作,相对来讲我还是满意的。剩下的二十分是留给今年做的,就是推进输入法本身的大数据和服务化。上市之后,搜狗今年在内部组织结构调整,重新梳理战略,开启了很多以前没有精力做的事情。

问:上市后梳理战略的核心逻辑是什么?内部组织结构有哪些变化?

王小川:第一,把输入法的战略高度继续提升。以前输入法是搜索的基石,就是输入法来为搜索做贡献,今年输入法会直接体现价值,自己走到台前。第二,在AI层面,我们希望引领翻译技术的实用化。包括在其他的同声传译的场景。策略上,自然语言处理是我们的重点,像问答和搜索的落地,已经做了,还在升级,今年在直播答题里面,也秀出来我们是行业最高水平。

组织管理层面的变化是,我们内部是要实现技术开放,让搜索的问答能力、营销的商业能力和大数据团队的能力,被所有部门分享到。比如原来输入法其实就是自己玩自己的,能力跟其他团队没有这样的互动交流。各个产品从数据和它的程序接口上都需要做更深的连接,不只是数据。

问:今年AI技术场景化最有前景的落地领域会是什么?

王小川:最大的趋势是从2017年就开始了,是线上线下的打通OMO(online  Merge Offline)。线下的东西在数字化,变成何人接触的终端,在线上集中数据处理,在云端做商业决策。

对搜狗来讲,我们的战略是构建新的和用户接触点的入口。从PC到无线互联网时代,输入法和搜索是离用户是近的,但是在未来布局里,我们需要找到更近的入口,而且是实体化的入口。智能音箱(市场)抢的很厉害,我们找的入口,之前的切入点是做糖猫儿童手表,去年卖了100万台,现在做旅行翻译机(搜狗旅行翻译宝),它在一个场景里甚至会变成你的导游。

搜狗的核心逻辑是做个人助理,比如在医疗、法律和旅游行业,不只是给你提供一个网页链接,而是能够回答你的问题,带来真正闭环的服务;另一点是离用户更近,在垂直场景里是闭环解决你的问题。

问:您在分析师会议上提到,2017年底,竞争对手纷纷加大了对手机制造商渠道的投入力度,导致 今年流量采买成本也在提升,提升到什么程度?另外搜狗预计今年来自自由流量的比例会攀升,来自腾讯和外部流量的比例会减少,自有流量的增加今年主要靠什么?

王小川:今年在流量成本上比去年有50%以上的提升。跟手机厂商的合作(预装软件形式)很重要,因为手机厂商现在是事实上入口的控制方,不管是我们还是其他的搜索公司,都需要和他们做合作,搜狗今年会加强这块。另外关于流量来源的比例,我们自有流量的增加会源于搜索的突破和输入法流量的增加,这是仅你拿的突破点。

周毅:公司自有流量的占比大约是22%,38%的流量来自腾讯渠道,其余的流量,也就是40%来自智能手机厂商。未来的趋势,1-2年内,预计公司的自有流量从22%增长到接近30%,来自腾讯渠道和其他付费渠道的流量占比会出现下降,所以我们的流量增长驱动力主要还是来自自有流量的增长。

问:搜狗为什么在机器翻译上投入很大比例资源?

王小川:AI在这几年一个有实质性突破的领域就是机器翻译。如果从学术界来看,机器翻译这件事已经可以工作了,但是距离实用而言还会有若干工程上的和场景适配的问题,这里面搜狗投入会非常大。我们刚刚发布了搜狗旅行翻译宝,往下还有速记翻译笔、同传的设备等等。

我们刚做了一个重大升级,搜狗通用搜索里面已经有(原文为)英文、韩文、日文内容了,输入关键词,会在我们认为合适的时候提供国际上的权威内容,比如英文的医疗信息,日文的购物和二次元文化,韩文的明星,都可以检索到。

一旦翻译技术变得非常实用了,就像发明电一样,会对地球的文明产生重大影响,因为语言壁垒是民族文化甚至世界能共建命运共同体的一种障碍。中文毕竟只占全球信息10%,我们有机会获得全球10倍的信息,这是一个让人很兴奋的事情。

问:听说搜狗已经组建起信息流团队,这块业务进展如何?

王小川:信息流方面,我们今年都会统一布局搜狗浏览器、搜索app和输入法,会有信息流的能力接入,成为搜索的补充。我们有两个优势,第一个优势就在于本身我们有大数据的储备,使信息流在用户用的时候就能够有精准的画像,而不是长时间积累才知道他想要什么。第二就是我们本身是搜索公司,有上十万的一个客户群体,他们这样的一个广告体系和代理商体系是很成熟的。所以当我们做信息流的时候,我们的销售体系是很容易就做好这样一个对接工作。

続きを読む
原文

捜狗(Sogou)は最近、アメリカでの上場後初めての財務報告を発表した。捜狗の2017年の総営業収入は9.084憶ドル、前年同期比38%アップで、非米国会計基準(Non-GAAP)では、純利益が1.059憶ドル、2016年より54%アップだった。2017年第四四半期の総営業収入は2.778憶ドル、前年同期比は62%アップで、非米国会計基準では、純利益が3790万ドル、前年同期比80%アップだった。

一見、悪くない成長データだが、1月29日の財務報告発表当日、捜狗の株価は音を立てて9.42%も下落した。捜狗の資本市場に向けたAIストーリーが認知されるには、まだ努力と時間が必要だというよりほかない。

捜狗と百度は検索エンジンのカテゴリーですでに何年も渡り合い、さらに神馬捜索と360捜索が加わり、長年にわたりお馴染みの顔触れがカテゴリー全体の市場を支配している。「毎年百度から(市場)シェアを2-3ポイント奪っており、この調子を維持できたらと考えています。」と、王小川氏は述べている。

捜狗のやりづらさもこの点にあり、検索エンジンカテゴリーでは常に百度の後塵を拝しているのである。上場前、王小川氏はIMEによりブラウザを普及させ、ブラウザにより検索を普及させるという「三段式ロケット」戦略を示したが、この時捜狐(SOHU)も投資家もいずれも捜狗のコアプロダクトは単独の検索エンジンだと考えていた。2017年末の上場後、IMEを発表し、検索と共に重要視するようになった。王小川はこれを「双発エンジン」戦略--検索をQ&Aへ、IMEを対話へアップグレード--と呼んでいる。

IMEは「古い」製品で、基本属性がツールなので、膨大な数のユーザーを擁する場合が多いものの、想像力に富んだ製品とは見なされていない。しかし未来のIMEはタイピングツールにとどまらず、情報取得やトラフィック分配などの機能も持つだろうと、捜狗は考えている。たとえば友人とチャットをしている時、IMEは返答のテンプレートを提示してくれたり、さらにはチャット中に文脈から判断してサービスを勧め、アプリによるトラフィック仲介のサポートまで行ってくれたりするだろう。

「IMEのアップグレードは、今年捜狗が業界で一流の、代表的な企業になるためのカギです。IME自体は検索より(ユーザーに)近いポータルを構成しており、モバイルIMEのDAU(デイリーアクティブユーザー)は3.3億で、いまだにスピーディーな上昇を続けており、このパワーはまだまだ解き放たれていません。」王小川氏はこう延べた。これから捜狗はIMEとサービスを結びつけることに重点を置くだろう。

インターネット巨大企業と同じように、捜狗もハードウェア開発を始めたが、その背後にある目的は検索サービスだ。数日前、捜狗提携パートナー大会で、「捜狗旅行翻訳宝」「捜狗速記翻訳筆」という2種類のハードウェアを発表した。

捜狗がハードウェア開発をする目的は、ハードウェアそのものの販売ではない。またGoogle・Microsoft・BAT(百度・阿里巴巴・騰訊)など大企業のようにAIハードウェアを通じて自らのプラットフォーム技術やクラウドサービスを送り出そうとしているのでもない。捜狗の考え方はハードウェアを通じてバックエンドの「サービス」を販売することなのだ。「我々は最終的にコンテンツサービスを提供します。たとえば医療に関する疑問は携帯電話や(AI)スピーカーなどのデバイス上で解決できるというように、検索はQ&Aに変わるのです。」

捜狗提供のデータによれば、現在捜狗で検索されたユーザーの疑問の5%はダイレクトアンサーが可能だ。たとえば「白日依山尽(白日山に依りて尽き)の下の句」と入力すれば「黄河入海流(黄河海に入りて流る)」と検索結果のトップにダイレクトに示される。これは今までにないリンクの提供方式なのである。

今年末には、王小川の検索エンジンは疑問の10%にダイレクトアンサー可能になるだろう。

ダイレクトアンサーの直感的価値はまさに商用化されつつある。これまで長年にわたり、捜狗は技術志向で商用化を急がないという印象を市場に与えていた。今年、王小川はついにビジネス、特に捜狗のCMマーケティングの現金化について語り出した。

「我々はQ&Aテクノロジーと医療・法律などのサービスとを結び付け、ユーザーにより優れた答えを提供します。将来これらの答えの中に商業的価値を生み出すチャンスがあるでしょう。」と彼は述べた。

アナリスト電話会議において、捜狗CTO楊洪涛氏はこう述べている。「人工知能はネットユーザーの検索意図に対する我々の理解能力をますます高め、同時に、広告の描写・素材・ランディングページなどを含め我々のクライアントがユーザーの検索意図によりマッチする広告を制作できるようサポートし、すでに我々の広告のCTR(クリック率)を絶えず高めています。」

■36氪は他のメディアと共同で捜狗CEOの王小川氏にインタビューを行ったところ、捜狗上場後の三段式ロケットから双発エンジンへの戦略転換、及び2018年にこの企業が直面するであろう競争局面や戦略について、以下のような注目すべき点があった(36氪編集部により若干要約している)。

Q: 捜狗の昨年の業績をあなたはどう評価しますか?今年の企業の最重要な戦略的任務は何ですか?

王小川: 昨年1年間は80点といったところです。我々は4ヶ月で株式の新規公開を完了し、非常にスピーディーでした。同時に検索においても、医療・Q&A・翻訳の分野においても、AIを利用して大きな進展がありましたので、昨年の業績には比較的満足しています。残りの20点は今年やる事に取ってあるのです。それはつまりIME自身のビッグデータ化とサービス化です。上場後、捜狗は今年に入って内部組織構造を調整し、戦略を再整理し、以前力がなくてできなかった事を始動させました。

Q: 上場後に戦略を再整理する際のコアロジックはどのようなものですか?内部組織構造にはどのように変化しましたか?

王小川:まず、IME戦略を高く引き上げ続けることです。以前はIMEは検索の土台、つまりIMEは検索に寄与するものでしたが、今年IMEは直に価値を示し、自ら前面へ出るようになります。次に、AIの面では、同時通訳のシーンを含め翻訳技術の実用化で先頭に立ちたいと思っています。戦略的には、自然言語処理に重点を置き、Q&Aや検索のランディングなどはすでにやりましたが、いまだアップグレード中です。今年はライブクイズでも、我々が業界最高レベルであることを見せます。

組織管理レベルの変化は、内部で技術の開放を実現し、検索のQ&A能力・マーケティングの実務能力・ビッグデータチームの能力を、あらゆる部門でシェアできるようにします。たとえば、もともとIMEはその部門だけでやっており、このように他のチームとその能力を相互作用させることはありませんでした。それぞれの製品はデータだけでなく、データからプログラムインターフェースまで、より深く結びつくことが必要です。

Q: 今年AI技術のシーン化で最も有望な着地点はどのようなものでしょう?

王小川: 最大のトレンドは2017年から始まっています。それはオンラインとオフラインの一体化OMO(Online Merge Offline)です。オフラインのものはデジタル化されて誰もが接する端末になり、オンラインではデータを集中処理しクラウドで経営判断します。

捜狗についていえば、我々の戦略はユーザーとの接点への新たな入口の構築です。パソコンからモバイルインターネット時代に至るまで、IMEと検索はユーザーに密着してきましたが、将来的にはより身近でより実体化された入口を見つける必要があります。AIスピーカー(市場)の争奪戦は非常に熾烈です。我々が見つけた入口ですが、以前切り口として糖猫(teemo)チャイルドウォッチを作って、昨年は100万台売り上げ、今度はガイドにもなりうる翻訳機(捜狗旅行翻訳宝)を作りました。

捜狗のコアロジックは、医療・法律・旅行業界などでパーソナルアシスタントになることです。ページのリンクを提供するだけでなく、その人の疑問に答え、真のクローズループなサービスを提供し、また一方で、ユーザーにより密着し、バーティカルな場面でユーザーの問題をクローズドループ方式で解決します。

Q: あなたはアナリスト会議で、2017年末、競争相手が続々と携帯電話メーカーチャネルへの取り組みを強化したので、今年はトラフィック購入のコストも上昇していると指摘しましたが、どの程度の上昇でしょうか?また、今年はフリートラフィックからの比率が上がり、騰訊や外部トラフィックからの比率が下がると捜狗は予測していますが、今年は主に何によってオーガニックトラフィックの増加をはかるのでしょうか?

王小川: 今年はトラフィックコストが昨年に比べ50%以上上昇しています。携帯電話メーカーとの提携(プリインストールソフト形式)は非常に重要で、携帯電話メーカーは現在事実上入口をコントロールしているので、我々にしろ他の検索サービス企業にしろ、彼らと提携する必要があります。捜狗は今年この点を強化します。その他、トラフィックソースの比率については、我々のオーガニックトラフィックの増加は検索の進展とIMEトラフィックの増加により導かれるでしょう。これが唯一の突破口です。

周毅: 企業のオーガニックトラフィックの比率は約22%、38%のトラフィックは騰訊チャネルから、その他のトラフィックも、40%がスマートフォンメーカーからです。この先、1-2年の内に、企業のオーガニックトラフィックが22%から30%近くにまで増加し、騰訊チャネルとその他有料チャネルからのトラフィックの比率は下がる傾向にあるでしょう。ですから、我々のトラフィック増加の原動力はやはりオーガニックトラフィックの増加によるものなのです。

Q: 捜狗はなぜ機械翻訳へ多大なリソースを投入するのですか?

王小川: AIがここ数年で実質的に進展させた分野が機械翻訳なのです。学術的に見れば、機械翻訳はすでに仕事に臨めるようになっていますが、実用の面では、エンジニアリングとシーン適応に関する問題がまだ若干あり、これによりリソース投入が多くなっています。我々は捜狗旅行翻訳宝をリリースしたばかりですが、この後も速記翻訳筆や同時通訳のデバイスなども控えています。

我々は重要なアップグレードを行ったばかりです。捜狗ユニバーサル検索では(原文が)英語・韓国語・日本語のコンテンツを備え、キーワードを入力すれば、我々が適切と見なしたタイミングで国際的に権威のあるコンテンツが提供されるようになったのです。たとえば、英語の医療情報、日本語のショッピングや二次元文化、韓国のスターなどをいずれも探し当てられるのです。

ひとたび翻訳技術が非常に実用的になれば、電気の発明同様、地球文明に多大な影響を与えるでしょう。なぜなら言葉の壁は民族文化であり、ひいては世界で共に運命共同体を建設する際の障害になるからです。中国語は全世界の情報の10%に過ぎませんが、我々は全世界で情報を10倍取得するチャンスを手に入れたのです。これはとてもエキサイティングなことです。

Q: 捜狗では情報フローチームを組織したそうですが、業務の進展はいかがですか?

王小川: 情報フローについては、我々は今年捜狗ブラウザ・検索アプリ・IMEを統一的に配置し、検索を補完する情報フローにアクセスできる能力を持ちます。我々にはアドバンテージが2つあります。1つ目はユーザーが使用する際に情報フローに極めて正確な描写ができるビッグデータを自身で蓄積しており、長期蓄積の後に初めてその人が必要とするものを知るのではないということです。2つ目は我々自身が検索サービス会社で、10万以上の顧客セグメントがあり、彼らの広告システムや代理店システムは非常に成熟しているということです。ですから情報フロー作成時、我々の販売システムもこういうマッチング作業がやりやすいのです。

お問い合わせフォーム

必須ご氏名
任意貴社名
任意部署名
必須メールアドレス
任意電話番号
必須お問い合わせ種類
必須お問い合わせ内容

送信内容を確認しました。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

Read More