TikTok親会社のバイトダンス、中国事業以外の経営判断機能を海外にシフト

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

TikTok親会社のバイトダンス、中国事業以外の経営判断機能を海外にシフト

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

ロイター通信は5月28日、関係筋からの情報として、TikTokなど複数の大人気アプリを運営している中国IT大手のバイトダンス(字節跳動)がここ数カ月の間、中国以外の国際事業に関する意思決定や研究機能を徐々に海外に移すために静かに一連の動きを見せたと伝えた。

この戦略にはショート動画アプリ「抖音(Douyin)」の海外版「TikTok」だけでなく、インド向けのソーシャルアプリ「Helo」をはじめとする中国以外の海外事業も対象として含まれている。また、同社はカリフォルニア州マウンテンビューにおけるTikTokのエンジニアリングおよびR&D事業を拡大しており、それに関連する人事活動も行っているそうだ。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録