中国EV最大手のBYD、米フォードに車載バッテリーの供給へ

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

中国EV最大手のBYD、米フォードに車載バッテリーの供給へ

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国工業情報化部(工信部)の6月1日の文書によると、中国新エネルギー車最大手の「BYD(比亜迪)」が、米老舗自動車メーカーのフォード(Ford)に電気自動車(EV)用バッテリーを供給するとロイター通信が報じた。 これはBYDにとって世界主要自動車メーカー向けで初めてのバッテリー供給契約になると見られる。

実は今年5月14日、BYDの李雲飛副総経理はソーシャルメディアの微博(Weibo)で、「弊社のブレード・バッテリーが世界進出を果たし、すでに某国際ブランドと契約を結んだ」と明らかにしていた。 今回の文書では、フォードと「長安汽車(Changan Automobile)」の中国における合弁会社が、BYD製バッテリーを搭載したプラグインハイブリッド車を生産するために、政府の認可を求めていることがわかった。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録