WeChatアプリ内で配送手配サービススタート、BATによるユーザーの奪い合いが激化

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

WeChatアプリ内で配送手配サービススタート、BATによるユーザーの奪い合いが激化

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

6月1日、テンセント(騰訊)のチャットアプリ「WeChat(微信)」内で配送を手配できるミニプログラム「微信寄快逓」がリリースされた。これは配送サービスプラットフォームという位置づけとなり、アリペイ(支付宝)、バイドゥ(百度)に続いてテンセントもこの分野に参入したことになる。WeChatで「微信寄快逓」と検索すればすぐに同プログラムにアクセスでき、荷物の問い合わせ、発送依頼、追跡といった、配送に関する3つの基本的な機能が搭載されている。

同プログラムを用いての配送は、現時点では「韻達(YUNDA)」、 「中通(ZTO Express)」、「百世(Best Express)」、「京東物流(JD Logistics)」の4社から選ぶことができる。

データによると、2020年4月、中国で配送を手がける企業全体の荷物取扱件数は前年同月比32.1%増となる65億件にものぼり、5月は70億件に達する見込み。こういった状況において、大手事業者がミニプログラムを利用して配送に関する情報や関連業務を自社のサービスシステムに組み込むこの動きは、主に各社がそれぞれの経済圏にユーザーを引き込みたいという思惑によるものである。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録