中国お笑い界の新星が薬物で逮捕 激増する仮想通貨取引の悪用が背後に

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

中国お笑い界の新星が薬物で逮捕 激増する仮想通貨取引の悪用が背後に

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国の新興お笑い系芸能プロダクション「笑果文化(FUN FACTORY)」に所属するアーティストの卡姆(カーム)が薬物使用で逮捕された。背後には大きな密売ネットワークが存在し、仮想通貨(暗号資産)を使った取引が行われていたことがわかった。 

上海市虹口区の警察によると、卡姆に薬物を提供した容疑者は、2019年に警察に解体されたある麻薬密売組織と関係しているという。同組織では薬物の売買の際に現金の振り込みを受け付けず、買い手に仮想通貨を購入させる形をとっているという。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録